excitemusic

三菜一汁 兼業主夫への道
by bankiero
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
mig sale wel..
from mig sale welder
month
from month
sony vaio m740
from sony vaio m740
aftra video
from aftra video
integrative ..
from integrative me..
and oh so ti..
from and oh so tire..
packed
from packed
eyewear holder
from eyewear holder
brochure des..
from brochure design
objective bu..
from objective burm..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


弁護士という配役

Excite エキサイト : 芸能ニュース

世も末である。
21世紀が始まってまだ数年しか経過していないのだが、こういう記事を読むと、なんだか「末法の世」の雰囲気が漂ってくるのである。
学生時代に一緒に遊んでいた女性の父親が、とある有名弁護士だった。数回お会いしたことがあったが、知性と威厳を兼ね備えた、「剛の者」といった感じの人だった。
ニュースのトップ記事になるような、数々の事件の弁護人を引き受け、その実力は高く評価されていたらしい。
そのためか、私にとっての弁護士とはまさしく彼のことであり、少なくともテレビに出て無責任な法律相談で笑いを取り、知名度を上げようとするような人々ではない。

しばらくすると、第一次ベビーブーマーが退職をむかえ、それに伴い、民事訴訟がらみの事件も膨大に増えてゆくことだろう。そのとき、自分の身近に、係争内容の真の濃度がわかってくれる弁護士がいてくれたらと、考えてしまうのである。

雑誌「ビッグコミック・オリジナル」に連載されている「弁護士のくず」は、まさしくそんな感じの弁護士が主人公である。
第一回目の連載から読み、単行本も全部(とはいっても2巻までだが)持っている。
好きな作品のひとつだった。
静かなブームというか、根強いファンに支えられて、月一連載にもかかわらずロングランを続けている。
そうこうしていたら、この「弁護士のくず」が4月からドラマ化されるとのこと。

Excite エキサイト : 芸能ニュース

トヨエツといえば、私でも知っている、面構えのよい俳優である。
彼が、「九頭元人」というダーティでこすっからくてヨゴレの役柄を、どこまでこなしてくれるのか、見ものといえば見ものである。配役が原作と若干異なる点を除いては、ストーリーのマップと題材は変わらないだろう。

マンガ原作のテレビドラマには裏切られっぱなしの私だが、今回は期待できるかもしれない。
ドラマも期待できるが、原作もかなり面白い。お勧めの一品である。
(あの、「西遊記」のようなコントバラエティにはなってほしくない)

次にテレビ化されるなら・・・・「国民クイズ」がいいかな
[PR]
by bankiero | 2006-01-24 12:54 | 映像
<< この素早さは、やはり組織的なも... 多くは語るまい >>