excitemusic

三菜一汁 兼業主夫への道
by bankiero
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
mig sale wel..
from mig sale welder
month
from month
sony vaio m740
from sony vaio m740
aftra video
from aftra video
integrative ..
from integrative me..
and oh so ti..
from and oh so tire..
packed
from packed
eyewear holder
from eyewear holder
brochure des..
from brochure design
objective bu..
from objective burm..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


思い出すのは哀しき映画のこと

Excite エキサイト : 国際ニュース

<風刺漫画>両手足失った米兵と国防長官で騒動 米紙 [ 02月04日 18時09分 ]

【ワシントン和田浩明】米ワシントン・ポスト紙が1月末に掲載した風刺漫画が議論を呼んでいる。両手足を失った米兵とラムズフェルド国防長官を組み合わせた刺激的な絵柄で、統合参謀本部はペース議長以下の最高幹部6人が署名した抗議書を同紙に送った。

問題の漫画は1月29日に社説や意見を扱う面に掲載された。両手足と頭に包帯を巻いた人物が「米陸軍」との名札のかかったベッドに横たわり、「ラムズフェルド医師」が「戦闘で鍛えられた状態だ」と話している。同長官は、同月25日の会見で、イラク駐留米軍が過度の負担で疲へいしているとの指摘に反論した際、同趣旨の発言をしていた。

ペース議長らは31日付で書簡をポスト紙に送り「余りにも悪趣味で放置できない」などと抗議した。同紙は2日にこの書簡を掲載。別記事で統合参謀本部から抗議があったことを紹介した。この中で、作者のトム・トレス氏は作品は「イラクの米軍将兵の現実を描いたものだ」などと説明した。


この記事を読んで、昔見た映画「ジョニーは戦場に行った」を思い出した。

「ジョニーは戦場に行った」は、実話をもとに作られた映画だそうだが、戦場で両手足、耳、眼、口を無くしてしまった兵士が、頭を動かすことでモールス信号をあらわして、意思の疎通を図ろうとするハナシである。
たしか、中学生ぐらいの時にテレビで吹き替え版が放映されたんだったと思う。
正直言って、ショックだった。
ラムズフェルド氏は、大変評判のよくない人物である。
少なくとも、彼を賞賛する記事や文章を読んだことは無い。
いわゆる、米国の現政権内における、ネオコンののリーダー的な役割なのだろう。
イラクでの戦争は、僕のような素人が見ても、あまりに無茶苦茶である。
政治家は、自国の利益の為に、自国の軍隊を使うことはあるだろう。
しかし、いいかげんに使って良いという理論はどこにも無いし、(少なくとも国防長官なら)自国の戦力と戦場となる国での自国軍のあり方ぐらいは、きっちり把握しておいてほしいものである。

話は変わるが、このExciteのニュース記事に付くテキスト広告は、単純な日本語の単語分解と検索だけで引いてきてるのだろう、こういった記事のテキスト広告に病院の広告を入れると言うのは、いかがなものかと思うのだが。
[PR]
by bankiero | 2006-02-04 21:41 | 雑感
<< これは行政による時間稼ぎか? 「生」に意味を見出さないものに... >>