excitemusic

三菜一汁 兼業主夫への道
by bankiero
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
mig sale wel..
from mig sale welder
month
from month
sony vaio m740
from sony vaio m740
aftra video
from aftra video
integrative ..
from integrative me..
and oh so ti..
from and oh so tire..
packed
from packed
eyewear holder
from eyewear holder
brochure des..
from brochure design
objective bu..
from objective burm..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


単純計算で、6250兆分の1

Excite エキサイト : 社会ニュース

1等から4等すべて当選 年賀状で幸運、大分の夫婦 [ 02月10日 20時12分 ] 共同通信

大分県臼杵市の会社員夫婦に届いたお年玉付き年賀はがき約350枚に、1等から4等まですべての等級の当選はがきが含まれていたことが10日、分かった。
地元の臼杵郵便局員は「20年勤務しているが聞いたことがない。非常に幸運で珍しい」とびっくり。日本郵政公社も「想定外のケースで、確率の計算は専門家に委ねるしかない」と話している。
同公社によると、1等は50万分の1、2等は5万分の1、3等は5000分の1、4等は50分の1の確率。
会社員夫婦は自宅で当選を確認して1月下旬に臼杵郵便局に持ち込んだ。


まずは、おめでとうと言いたい^^
この世知辛い世の中に、良い話題である。
単純に確率として考えた場合、50万×5万×5千×50 分の1であるから、6.25×1015であるので、6500兆分の1となる。
本格的な確率論になると、たぶん、もっと複雑な計算方法があるのかもしれないが、そういうことはわからないので、まぁ、こんなもんかといった感じである。
実際には、当選者の方々が、毎年何通の年賀状を出したのかにもよるし、その年齢や社会的背景によるとは思うが、350通は決して少ないほうではないと思う。
しかし、この確率はものすごい。
よっぽど宝くじとか、ヒト財産できそうな万馬券のほうが、確率は低いだろう。

これが、宝くじじゃないところがまた面白い。
この(本当の意味で)天文学的な確率で得たものがあまりにも質素だから、羨望や妬みのタネとなることもそうそうないだろう。
なんのウラもなく「すげ~じゃん」と言える気がする。
良い意味での数字で、現在の日本の抱える借金より大きい数字を聞くのは本当に久しぶりで、なんだか私まで嬉しくなってしまう。

本当に、手放しで、おめでとうと言いたい^^
[PR]
by bankiero | 2006-02-10 22:00 | 雑感
<< 生を軽んじるものに、死刑はやは... そこには確かに、若き日の私がいた >>