excitemusic

三菜一汁 兼業主夫への道
by bankiero
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
mig sale wel..
from mig sale welder
month
from month
sony vaio m740
from sony vaio m740
aftra video
from aftra video
integrative ..
from integrative me..
and oh so ti..
from and oh so tire..
packed
from packed
eyewear holder
from eyewear holder
brochure des..
from brochure design
objective bu..
from objective burm..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2006年 02月 20日 ( 1 )

真偽を論じること、これが既に不毛

Excite エキサイト : 政治ニュース

民主内にも「懐疑論」 振り込み指示メール [ 02月20日 20時02分 ] 共同通信

民主党が追及したライブドア側から武部勤自民党幹事長の二男への金銭振り込み疑惑で20日、ライブドア前社長の堀江貴文被告が出したとされる「振り込み指示メール」について、党内でも「必ずしも本物とは言い切れないのでは」(ベテラン議員)との懐疑論が広がり始めた。
 与党側が「証拠を示すべきだ」と迫る中、20日の衆院予算委でも信ぴょう性を裏付ける新たな資料を提示できなかったためだ。情報提供者の安全確保を理由に「情報が一部幹部に限定されている」(若手)ことも党内の懸念に拍車をかけている。
 前原誠司代表は同日の津市での記者会見でも「信ぴょう性は高い」と繰り返したが、官邸サイドは22日の党首討論に向けて「小泉純一郎首相にも質問権がある」(首相周辺)と攻勢を強める構え。民主党が局面打開へ「二の矢」を放てなければ、前原氏の責任論も浮上しかねない情勢となってきた。

正直、あきれ果てて絶句してしまうところである。
だいたい、「プリントアウトされたメール」の真偽を論じることが不毛だと言うことが、わからないのだろうか。
テレビのニュースでも盛んに取り上げられているし、あまつさえ「インターネットに詳しいジャーナリスト」と称する人が、丁寧にヘッダの真偽まで語っている。
文章の末尾がどうとか、言い回しがどうとか、堀江氏らしいのらしくないのと。

ああいった信憑性の極めて低いモノを証拠として提出する民主党の議員は、いったい何を考えているのだろうか。
そして、あんなものでドタバタする国会もなさけないったらありゃしない。
こんな人々に、この日本を任せていいのか? とホンキで思ってしまう。
別に、議員や大臣がわからなくてもいいのだが、周囲にそういったことがマトモに理解できる人間がいないのかということ。
あんなモノが証拠として成り立つのなら、人類は、とっくの昔に、印鑑やサインの呪縛から解き放たれていることだろう。

はっきり言う。
内容の真偽がどうであれ、「黒塗り付きのプリントアウトされたテキスト」は、証拠としての能力はどこにも無い!
[PR]
by bankiero | 2006-02-20 22:38 | 雑感