excitemusic

三菜一汁 兼業主夫への道
by bankiero
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
mig sale wel..
from mig sale welder
month
from month
sony vaio m740
from sony vaio m740
aftra video
from aftra video
integrative ..
from integrative me..
and oh so ti..
from and oh so tire..
packed
from packed
eyewear holder
from eyewear holder
brochure des..
from brochure design
objective bu..
from objective burm..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


彼の役目は、終わったということかな

Excite エキサイト : 経済ニュース

株式投資のことはあまりよくわからないのだが、少なくとも、何も資産の無い会社に、異常なほどの株価がつくというのはおかしいと、私自身は感じる。
傘下の企業の中には、資産になるべき土地や建物を保有しているところも少なくないだろう。
しかし、ライブドア本体は、有形の資産を持っているようには思えない。

月曜日のライブドアへの調査開始から下がりつづけた株価は、一昨日には東証のシステムへの不安を感じさせるまでになっていた。
マネックス証券は、資産価値を0として取り扱い、それが売り注文殺到に拍車をかける。
デイトレーダーやホームトレーダーが多い中、小口の取引が殺到し、取引件数ばかりが増えつづけたためだ。
東証は、初めてと言う、全株式の取引停止を敢行。
そして、昨日、株価は急激に上昇し、終値をかなり以前の状態近くまで戻したようである。

いわゆる「想定外」の事態に直面したライブドアだが、あの堀江氏は、きっと「想定外のことが起きたときの緊急措置」ぐらいは既に準備してあるだろう。
すなわち、匿名名義になっている自分の資産の、日本の司法が及ばない地域への脱出である。
それは、ライブドアグループの主だったメンバー全員に言えることだろうが。
その手段が、間に合ったか間に合わなかったのかは、私などには知る由も無い。
昨日の株価の急上昇は、それまで上昇の急先鋒であったライブドア関連の株を取り残してのものだった。
ようするに、ライブドアを、勝組みから一気に追い出したのである。
昨日の夕方ぐらいから、大手有力企業が次々とライブドアとの提携見直しを公表し始めるに至り、ライブドアは会社としての存続そのものが、急激に怪しくなってゆくだろう。

ここまできて、やはり感じることは、「うまく行き過ぎてないか?」ということである。
何しろ、一連の事態が、まるでシナリオに書かれたように進行しているような気がする。

実は国税局が、本陣として後方に陣を張っているというウワサもあるようだ。それも可能性が高いと思う。
加えて私は、ここに総務省と通商産業省の影が見え隠れするような気がするのである。

国策としてはあまりに進み方が遅い「地上デジタル波」の浸透。
これが現実となった場合に、そこで力を発揮するのは、コンテンツの有無である。
優良なコンテンツをどこまで提供できるかが、すべてにかかっていると言っても過言ではない。
それを、堀江氏を中心とするヒルズ族に牛耳られることを、業界や国は恐れていたのではないだろうか。

国税、商取引、業界地図、そして国策。
ここまで来ると、マネックスの動きも、いわゆる「資産凍結」だったのかもしれない。
これらの利害が一致したとき、すばらしい連携プレイが、一気に堀江氏を突き落とした。
それは言いすぎだろうか。

既にその準備は、以前から整っていたのだろうと思う。
引き金になったのは、去年末の株主総会での「無配当」発表と、耐震強度偽装疑惑訴追の本格化と思われる。

ライブドアは、所詮、行動力がある秀才の集まりに過ぎなかったのかもしれない。
IT時代、ニュージェネレーションの寵児として、ヒルズ族の先頭を走ってきた彼だが、その役目は終わったと、判断されたのだと思うのである。
[PR]
# by bankiero | 2006-01-20 00:24 | 雑感

ニコンに続き、コニカミノルタも・・・

Excite エキサイト : 経済ニュース

先週のニコンのフィルムカメラからの撤退に続き、デジタル一眼レフの投入が大幅に遅れたコニカミノルタもカメラ事業からの撤退を表明した。
デジタルカメラはまだしも、耐用年数の比較的長いフィルムカメラのアフターサポートなどはどうなるのだろうか。

世界のデジタル一眼レフカメラのシェアのほとんどを、キャノンとニコンが占めている現在において、他社は今後どのような動きに出るのだろうか。

プロ・セミプロ向けの中判・大判カメラ専業メーカーは、しばらくは問題ないのだろうと思う。
また、中判・大判を出している、フジやアサヒペンタックスも、しばらく続けるだろ。
京セラ/ヤシカの動きはどうなるかわからないところが多い。

となると、次に問題となるのは、オリンパスか。

個人的にキャノンのカメラを愛用して長いのだが、やはり、悲しいものがある。
技術立国としての歴史が、またひとつ幕を閉じたような気がする。
[PR]
# by bankiero | 2006-01-19 18:05 | 雑感

デジタルディバイドが本当の貧富の差につながる最初の一歩

Excite エキサイト : 経済ニュース

我が家のテレビは、約8年前に購入したものである。
その後、2年程度で電源部分が故障し、メーカーにごり押しして無償で修理させた経歴を持つ。
それ以後は、目だった故障はしていない。
ブラウン管テレビの故障のほとんどは、電源周りである。
この電源部分の故障を避けるためには、大気電源そのものをシャットダウンしておくことで、頻繁な入り切りの必要のないテレビのような電気製品には、一番効果的な延命策といえよう。
テレビは、日本人にとって、電話に次いで骨幹となる、重要な情報インフラである。

その情報インフラが、2011年に全てデジタル化されてしまう。

デジタル化されることによる恩恵は、需要の多様化に対応する多チャンネル化と、高画質画像の安定供給である。
その背景には、現在まで無料と考えられてきた放送の受信(NHKは別)に対する、課金システム導入の布石や、「第一次ベビーブーマー」への消費素材の提供、頭打ちのAV関連機器需要の励起があると想定される。

しかし、デジタル放送が開始され、全人口の79%が視聴できる昨今になっても普及が進まない。
これは、従来型のテレビが大変壊れにくいうえに、地上はデジタル対応のテレビが高価な点にあり、そのために、2011年にアナログ地上波が送信を終了することがほとんど周知されていないためである。

その次期を逃すまいと、テレビは、従来のブラウン管型から液晶・プラズマなどの新しいディスプレイへの移行による高付加価値商品へと変貌を遂げ始めている。
それは、技術力を格段に高めてきたアジア諸国への対抗策(その毛色も薄くなってきたが)としての役目も持っている。
液晶・プラズマディスプレイは、従来のブラウン管型と比較して、なにしろスタイリッシュである。
人口一人当たりに割り当てられる住居スペースがきわめて狭い日本人にとっては、薄く小型であることも重要な要素であろう。新しいELディスプレイなどが世に出ようとしている昨今、今後も品質向上と価格低下のための競争は激しさを増すだろう。
いわば、新時代の象徴ともいえるのだろう。

しかし、私は液晶ディスプレイが嫌いである。

なにしろ、色が悪い。MTBFが短い。技術が枯れていないので、何が起こるかわからない。さらに、その外観がステイタスを持ち、価格の引き上げに貢献している。

ちなみに、パソコンのディスプレイも、自宅・職場ともに、好んで17インチのCRTを使用している。

記事によると、低価格のアナログ地上波ブラウン管テレビはいまだに売れ続けており、海外での需要もあるということで生産は続けるそうである。

そういった、国内だけではない海外も視野に入れた企業の販売戦略の中で、ごく一部でしか使用されないデジタル地上派チューナー搭載のテレビは、本当に安くなるのであろうか。
廉価版と称した、ある一定以上の情報配信を受けられないテレビが出てくる可能性が高いと思う。

貧富の差は、こういった形でも出始めるのではないだろうか。
そのうち、プラチナカード保持者にしか見れないチャンネルも登場するかもしれない。

そこで始まるのは、明確な情報統制である。
裕福層のみに配信される、裕福層の既得権益を守るための情報の配信。
貧困の差は、さらに広がっていくのかな? とか考えてしまう。

メディアを制することは、情報を統制し、民意を操ることを可能とする。
数限りない小説や映画などで語りつくされてきていることだが、21世紀になっても、人間、特に大衆の本質というものは、あまり変わらないんだろうな。

と、大衆の一人が言っても、しかたがないか^^;
[PR]
# by bankiero | 2006-01-18 13:37 | 雑感

第一次BBたちの反撃ののろしが上がるとき

Excite エキサイト : 社会ニュース

ライブドアが強制捜査に入られた。
証券法違反の嫌疑に対する強制捜査であったが、これは、「別件逮捕」みたいなものだろうなと思う。
いろいろなことを、いろいろな人が言っているから、僕は別の考え方をしてみた。

今回の強制捜査に、「何か特別な圧力」がかかっていると考えている人々が多いような気がするが、僕もそう考えている人間の一人である。
その「何か特別な力」とは何なのか。
ただし、特定のどこかの団体や個人とは違うものなんだろうなと考える。
いうなれば、「第一次ベビーブーマー」VS「第二次ベビーブーマー」の戦いの火蓋が切って落とされたというべきだろうか。
2007年から、「第一次ベビーブーマー」が定年退職を迎えはじめるわけだが、収入の二極分化(ようするに貧富の差)が広がるにしたがって、定年退職後の生活をどのように確保するかが、「第一次ベビーブーマー」たちにとって最重要課題である。
その生活の基本は、苦労してためた貯金の資産運用や年金で、資産運用は資産運用会社に一任される場合が多い。
その自分たちの生活の根幹となる資産の運用方法としては、今はやはり株式取引が一番多いのだろう。
その株式の取引は、このまま上がり続ければ、いつかは大暴落することがなんとなく感じ取れる。
現在のIT関連株の動きは異常という以外になく、そこを牽引している(というか強引に引き上げている)のが、「第二次ベビーブーマー」たちである。

老獪で経験豊富な「第一次ベビーブーマー」たちが、自分たちの老後を、「第二次ベビーブーマー」たちに牛耳られたくないと考えての想いがあるのではないだろうか。
「第一次ベビーブーマー」たちの将来に対する不安と次世代・次々世代に対する不満。
それが、「何か特別な圧力」なのではないだろうか。

しかし、逆に、「第二次ベビーブーマー」たちは「第一次ベビーブーマー」たちの懐にため込まれた資産を市場に流し、自分たちの懐に入れたいと思うのだろう。

どちらが勝利を収めるのか、はたまた勝者のいない戦いなのか、少なくとも「第一次ベビーブーム世代」の反撃ののろしが、あげられたのではないかと思うのである

株式も投資もやっていない、丁度中間の世代に当る私のような人間は、所詮波間に消えていくのだろうが。
[PR]
# by bankiero | 2006-01-17 13:36 | 雑感

チキンのトマトシチュー

今日の献立は、チキンのトマトシチュー。


材料:
1鶏のモモ肉3つ
2タマネギ2個
3にんじん1本
4じゃがいも3個
5にんにく2かけ
6その他適当な野菜適量
7トマトの水煮缶詰1缶
8白ワイン適量
9オリーブオイル適量
10ゴマ油適量
11セロリ1本
12塩・コショウ適量
13コンソメ3個



1.鶏のモモ肉をひとくち大に切り、塩コショウ、を刷り込む
2.セロリをみじん切り、にんにくを輪切りにする
3.圧力鍋にオリーブオイルとゴマ油を入れて熱し、温まったら鶏肉を入れて炒める
4.鶏肉の表面に色がついたら、4・5・7・8・11・13を入れ、7の缶2杯分の水を入れる
5.圧力鍋のふたをし、ファイヤー・オン、錘が回り始めて20分、火を止めて自然冷却
6.2.3.4.6をそれぞれひとくち大に切り圧力鍋に入れ、水を7の缶2杯分入れる
7.圧力鍋のふたをし、ファイヤー・オン、錘が回り始めて5分、火を止めて自然冷却
8.表面にある油分を、うわずみを取るようにすくい出す
9.塩コショウで味を調えて、完成

これで、3人家族の夕食と次の日の朝食がまかなえる^^;
[PR]
# by bankiero | 2006-01-16 19:19 | 献立

エウレカセブン

この年になって、まだアニメを見ようとは、思ってもいなかった。
25年前は、アニメファンでならした私だけど、ある作品を切れ目に、一気に引いてしまっていた。
その後も、まぁ、エバとかレインとかミトとかは見てたけど。

ちょっとまえから、気になっていたのが「エウレカセブン」。

いやぁ、困った困った^^;
これ、面白いや。

まだ、長文がサクサク打てるほど復帰できないし、若干おかしな文章なんだけど。
とりあえず、スタート。
[PR]
# by bankiero | 2006-01-15 23:49 | 映像